AG.MSC北海道 ダートトライアル

Photo & Reprot 北の通信社 前田 進

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第5戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアルシリーズ 第5戦
2020年JMRCオールスター選抜

 

オートスポーツランド砂川ダートコース

2020.7.26

北海道ダートトライアルは全7戦が予定されていたが、第2戦は延期、第4戦は中止、一か月前に第3戦が開催された、そして今回、第5戦(実質的には第3戦)が開催された。例年であればシリーズ戦後半に入る所であるが、1戦減った為に今戦が折り返しの一戦である。会場はオート―スポーツランド砂川。
比較的気温の低い天候が続いていたが、一時暖かくなったが、この日はすごしやすい気温、一部の地域では若干の雨もあったようだ。が、会場周辺の天候は晴れ、気風も微風であった、
コースは一部水溜りはあるものの状態としてはドライで、少し土埃の滞留もあったがコンディションは良好であった。
コースはスタート後ストレートでスピードをのせ、ゆっくりと左に折れさらに左に曲がり下の段に降りうねったコースをなぞり、左に回り込み、上って左、そして右に回り、中速コーナーから右に折れ、左・左と回り込みゴールとなる1.8Kmのコースである。

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第5戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアル シリーズ 第5戦
(チャンピオン クラス)

 

RWD (エントリー 4台)

1本目、古谷欣竹BRZがまずは1分37秒、続く柴田純はビートを極限まで攻め込むが1分47秒、吉川高利BRZは1分43秒、和泉泰至トヨタ86は動きを抑えた走りで古谷にコンマ6秒の遅れとなった。
2本目、古谷は自己タイムを2秒削る1分35秒を出し首位を保った、柴田、吉川も共に約4秒短縮、和泉は1本目よりアクションは大きい走りで自己タイムを2秒以上短縮して古谷を逆転して、今季3勝目を計上した。


1 位    和泉 泰至    トヨタ86    01′35″081
2 位    古谷 欣竹    BRZ    01′35″269

 

FF-1 (エントリー 12台)

1番手の森元茜はシビックでのFF2・4WD1クラスからマシンをスイフトに変えて参戦まずは1分41秒を記録、1台置いて今田恭嗣も今季に入りFF2・4WD1のインテグラからスイフトに変更、巧なドライビングで1分38秒をマーク、藤原稔広スイフトは1分42秒、左近弘道スイフトが1分39秒で今田に迫る、ラスト棚瀬昌樹スイフトが1分41秒で森元に続く4位に着けた。
2本目、森元は1秒更新、続く岡直貴ストーリアが1分39秒で2位にジャンプアップ、しかし今田はコースに逆らわないシュアーな走りで一挙に1分36秒を出してトップをキープ、藤原は5秒以上短縮し今田にコンマ3秒差に迫る、終盤に入り内山壮真スイフトも1分36秒台で今田に0.07秒差で2位に喰い込めば、左近は内山に0.02秒差で3位、ラスト棚瀬も36秒台、藤原を0.02秒交わして4位に入ってきた。
1位の今田から、5位までの差は、0、376秒で、拮抗した戦いであった。

1 位    今田 恭嗣    スイフト    01′36″363
2 位    内山 壮真    スイフト    01′36″433
3 位    左近 弘道    スイフト    01′36″454
4 位    棚瀬 昌樹    スイフト    01′36″721
5 位    藤原 稔広    スイフト    01′36″739
6 位    岡 直貴    ストーリア    01′39″093

 

FF-2・4WD-1 (エントリー 9台)

1本目、2番手の徳山優斗スイフトが1分35秒をマーク、第1戦優勝の内藤修一スイフトは鋭い切り込みで1分34秒を記録、川口昭一インテグラはコースをなぞる走りで1分33秒とラップを書き換える、ラスト原宴司ストーリアはマシンをイージーに動かし1分31秒で後続を突き放す。
2本目、各車順当にタイムを更新していく、徳山は3秒更新しセカンドポジションに入れる、菊地真セリカも鋭いカッティングで4秒短縮し3位に喰い込む、しかし内藤が即座にポジションを入替えてきた、川口も2秒以上削って原のタイムを更新するが、その原は自己タイムを2秒半圧縮し第2戦に続き2連勝を手中にした。

1 位    原 宴司    ストーリア    01′29″519
2 位    川口 昭一    インテグラ    01′31″757
3 位    徳山 優斗    スイフト    01′32″305
4 位    内藤 修一    スイフト    01′32″657
5 位    菊地 真    セリカ    01′33″606

 

4WD-2 (エントリー 7台)

1本目、1番手の前寺博篤インプレッサが1分33秒、続く板岡史朗ンプレッサは1分32秒、高山繁インプレッサは1分31秒、伊藤上司ランサーは1分29秒と走る順に従ってラップが書き換えられていく、古沢聖樹インプレッサは若干遅れ1分30秒、五十嵐貴右ランサーは1分28秒、ラストは島部亨ランサーはコースに沿った走りで五十嵐をコンマ2秒弱交わしてトップに立った。
2本目、板岡は自己タイムを3秒近く短縮する1分29秒で4位に入る、伊藤は27秒台に入れトップを奪う、だが五十嵐が即座にコンマ6秒差で首位を入れ替えれば、島部はトラックションの効かせたスムーズな走りで、1分26秒台を出して今季2勝目を挙げて、第2戦に続き2連勝を飾った。

1 位    島部 亨    ランサー    01′26″429
2 位    五十嵐 貴右    ランサー    01′27″368
3 位    伊藤 上司    ランサー    01′27″998
4 位    板岡 史朗    インプレッサ    01′29″400

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第3戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアルシリーズ 第3戦
2020年JMRCオールスター選抜
(ジュニア クラス)

AT-2 (エントリー2台) 

1本目は古川雅徳プロボックスがリードしたが、2本目は中村卓司インプレッサが自己タイムを2秒半更新して優勝した。

1 位    中村 卓司    インプレッサ    01′50″257

J-1 (エントリー 1台)

 前回の第2戦はエントリーがなかったが、今戦は吉川喜恵美シビックがエントリー、2本目に一挙に5秒以上更新する、1分42秒をマークした。

1 位    吉川 喜恵美    シビック    01′42″036

J-2 (エントリー 1台)

 こちらもエントリーは1台、山口達也インプレッサが1本目に1分32秒、2本目はコンマ3秒書き換えるタイムを記録した。

1 位    山口 達也    インプレッサ    01′32″697

賞典外 (エントリー2台) 

こちらは、第2戦と同じく、全日本ランカーのアキマ ただゆきと小出久美子がランサーでWエントリー、アキマが1分28秒を刻んだ。

1位    アキマ ただゆき    ランサー    01′28″114

© 2018 by GymKITA & RallyDo!  Proudly made by Wix.com

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Flickr Clean