チボー ダート アタック

Photo & Reprot 北の通信社 前田 進

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第3戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアルシリーズ 第3戦
2020年JMRCオールスター選抜

 

オートスポーツランド砂川ダートコース
2020.6.21

北海道のモータースポーツ界も、日本はもとより世界的な新型ウイルスの影響により、ほとんどの競技会が延期及び中止となっていましたが、終息には至ってはいないが、感染拡大防止策を強化し、営業自粛の緩和やイベントが再開しつつあります。
そうした社会的環境に鑑み、北海道ダートトライアルシリーズ戦の第3戦(実質的には第2戦)が開催された。 会場はいつものオートスポーツランド砂川である。
1月下旬に第1戦が開催され、その後3月には全てのイベントが延期の決定となり、6月に第3戦の開催が決定、第2戦は8月に延期、弟4戦は中止、全日本戦は8月開催、それ以降は当初の予定通りの様相である。
全国的には梅雨の地域もあるようだが、今年の北海道は雨が非常に少なく、5月末から6月上旬は異常な暑さの日もあったが、ここにきて低温続きである。
競技会前夜に若干の雨があり、土埃は抑えられ、コンディションは上々、2ヒート目も路面の変化は少なくタイムが更新されていた。
コースは左周りで、スタート後ストレートでスピードをのせ、左に折れながら下の段に下り、うねりながら右コーナーからに左回り込み、上の段に戻り左に折れ、今度は右に回り込み、緩やかにうねり、最後は左に回り込んでゴールとなる1.50Kmだ。
 開催までの期間が短かったせいもあってか、エントリーは例年の約半数というのは致し方のないところではあるが、少なくとも元の台数に戻ってほしいものである。

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第3戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアル シリーズ 第3戦
(チャンピオン クラス)

 

RWD (エントリー3台)

エントリーは3台、1本目、1番手は吉川高利BRZが1分33秒、続く古谷欣竹BRZはエンジンが不調の様で1分35秒、和泉泰至86は危なげない安定した走りを見せ1分28秒でトップに立った。
2本目、吉川は自己タイムを1秒以上短縮、古谷はエンジンが復調したが和泉には僅かに届かず、和泉は若干オーバーな動きとなったが約2秒縮める1分26秒をマークして今季2勝目を挙げた。


1 位    和泉 泰至    トヨタ 86    01′26″402
2 位    古谷 欣竹    BRZ    01′28″790

 

FF-1 (エントリー3台)

1本目、1番手の安芸留美子ヴィッツは1分37秒、佐藤彰純スイフトは1分40秒、田丸豪スイフトは積極果敢な走りで1分29秒を記録し首位に立った.
2本目、安芸は同タイム、佐藤は6秒アップさせるが田丸に届かず、田丸はしっかりインをキープしつつもスピードを殺さないコーナリングで1分27秒を記録し今シーズン初優勝を飾った。

1 位    田丸 豪    スイフト    01′27″582
2 位    佐藤 彰純    スイフト    01′34″744

 

FF-2/ 4WD1(エントリー7台)

1本目、まずは土佐岡慎セリカの1分31秒、森元茜シビックが1分30秒、中村つよしシシビッが1分28秒、昨年のFF-1シリーズチャンピオンの内藤修一スイフトは1分27秒、川口昭一インテグラも1分27秒だが内藤にコンマ差でリードと順次ラップを書き換えていく、ラストは昨年のシリーズチャンピオン原宴司ストーリアはポイントを押さえ走りで1分23秒を記録し2位以下に大きくリードを取った。
2本目、中村が1分25秒で2位に食い込んできた、内藤は24秒で即座に中村を押し下げた、今度は川口がコンマ差で内藤をラップ、原は自己タイムの更新幅こそは少なかったが2位の川口に1秒半の差を着けて今季初優勝を決めた。

1 位    原 宴司    ストーリア    01′22″731
2 位    川口 昭一    インテグラ    01′24″271
3 位    内藤 修一    スイフト    01′24″347
4 位    中村 つよしシ    シビック    01′25″711

 

4WD-2 (エントリー7台)

 1本目、1番手は道外に転勤で2年間ほど欠場していた前寺博篤インプレッサは1分27秒、高山繁インプレッサは積極果敢な攻めで1分21秒、伊藤上司ランサーは1分20秒、小林茂則ランサーも同秒で上がるが伊藤にコンマ4秒リード、古沢聖樹インプレッサも攻めて小林に0.01秒差で続いた、更に五十嵐貴右ランサーは古沢に0.13秒差で3位に着けた、ラストは昨年のシリーズチャンピオン島部亨ランサーも1分20秒台で5位のポジションだ。
1位の小林から5位の島部までが20秒台で、その差は0.388秒間の僅差である。
2本目、前寺は少し感を取り戻し1分21秒、高山は1分18秒、小林は自己タイムを2秒近く短縮し首位をキープ、五十嵐は回り込んだコーナーも流し込むようにスムーズに走り小林をコンマ差で逆転してきた、島部は早い位置から姿勢を作り高いコーナリングスピードを保ち唯一1分17秒を記録して優勝を果たした。

 

1 位    島部 亨    ランサー    01′17″282
2 位    五十嵐 貴右    ランサー    01′18″303
3 位    小林 茂則    ランサー    01′18″477
4 位    高山 繁    インプレッサ    01′18″997

2020年JAF北海道ダートトライアル選手権 第3戦
2020年JMRC北海道WinmaXダートトライアルシリーズ 第3戦
2020年JMRCオールスター選抜
(ジュニア クラス)

残念ながら、J-1、J-2にはエントリーはなく、AT-2クラスのみである。

AT-2 (エントリー2台) 

中村卓司インプレッサはタイヤが冬タイヤのみというノーマルのプロボックスを駆る古川雅徳をコンマ差で退けた。

1 位    中村 卓司    インプレッサ    01′40″748

賞典外 (エントリー2台) 

全日本ランカーのアキマ ただゆきと小出久美子がエントリー、アキマが今競技会のベストラップを記録した。

1位 アキマ ただゆき    ランサー    01′17″270

© 2018 by GymKITA & RallyDo!  Proudly made by Wix.com

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Flickr Clean